上京ぶんか系男子!

上京した文化系であり文科系である私、「ぶんか」系男子が、ぶんか系な視点でぽっと考えたことを書いていきます。

自己紹介――ぶんか系の中でも好きなもの

 自己紹介も兼ねて私の好きな物の話です。

 文科系で文化系な「ぶんか系」の私なので、ぶんか系なものは全部好きです。不思議なくらい人文系、社会科学系、芸術の分野には興味がないものがないのです。その三つの分野の話だったらどんな分野でもとりあえず半日中は楽しく聞いてられます。

 なかでも、美術や詩歌、あと現代思想や社会について考えることが好きです。美術は絵画や写真、彫刻、デザインなどなど、なんでも見ていて楽しいです。私は高校時代写真部だったので、写真は撮ったりもします。写真についての知識を使って、他の美術作品も少し詳しく見ることができるということもあって面白く感じるのかもしれないです。また、詩歌だと短歌が特に好きで、自分でも詠みます。あとは現代思想の本を読んだり、社会問題についての記事を読んだり、それについての番組を見たりしていると時間がすぐ過ぎ去ってしまいます。

 というわけで、私はこういうような感じの人間です。ただ、好きなものといっても、単に好きなだけで知識が全然追いついていないので、これから色々と勉強していかないといけないなと思っています。これからよろしくお願いします。

上京してクスノキを初めて見られた話

 クスノキは北海道には生えていないため、北海道人、つまり道産子にとって馴染みのない木です。私が中学の時に歴史の授業で楠木正成が出てきて、そういえばクスノキとはどんな木なのだろうか、本州になら生えているのだろうか、と思ったりしたのを覚えています。

 また、漢字で書くとクスノキは木へんに南で楠ですが、これが道産子の私にとってはしっくりときて、こういうところからもクスノキを見てみたいという感情が生まれたのかもしれません。

 上京してからしばらくして、ふと近くにあった木を見るとなんとクスノキという看板が幹に括り付けてありました。そして見上げてみると黄緑色の葉が生い茂っていました。なんだかあっさりとクスノキを見てしまったなと思いましたが、私にとってクスノキはずっと本州をイメージする木であり続けるのだろうと思います。

 ちなみに橘とやらも見たことがないのでいつか見て見たいです。

はじめに

 私は大学生1年生で今年の春に北海道から上京しました。

 ちょっと思ったことをツイッターで書いていたときに、もっとたくさんの人に思ったことを伝えて、そして色々な意見が聞けたらなと思うことがありました。そして、そういうことをするにはやっぱりブログがいいのではないかと思って、今こうして始めました。

 私は、勉強は「文科系」で部活は「文化系」の高校生活を送ってきました。つまり生粋の「ぶんか系」なのです。このブログでは書きたいことを何でも書いていきますが、文科系で文化系な視点が生きて、それがこのブログの個性となればいいなと思います。

 それでは、これからよろしくお願いします。